美聴泉,耳鳴りが止まらない,耳鳴りの治し方?

まずは耳鼻科(耳鼻咽喉科)に受診を

 

耳鳴り専門突然キーンと数秒間鳴っては消えていく耳鳴りは、多くの人は経験があるのではないでしょうか。

 

このような耳鳴りは異常でもなんでもなく、
生理的なもので心配する必要はありません。

 

ただ、生理的と言っても、どのような原理でキーンと鳴り響くのかは、まだハッキリとわかっていません。そういう人体の不思議って沢山存在するんですよ。

 

※ 耳鼻科で治らない 耳鳴りの消し方・止め方(残りわずか)

 

 

さて、ここで問題なのは、こうした耳鳴りが「鳴り止まない」という人が現代社会では非常に増えてきました。

 

 

鳴り止まない耳鳴りは、いったいどうしたら・・・

 

数秒で静まるような生理的な耳鳴りではなく、一向に鳴り止まない耳鳴りや、音は非常に小さいのだけれど、気になって仕方がない不安感に襲われていたり、生活に支障を来すほどの耳鳴りが続いているときは、まずは耳鼻科・耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

希にではありますが、耳の病気から発生していることもあります。その場合は耳の疾患を治療し、良くすることで耳鳴りが解消する場合があります。

 

耳の診察で特に病的な疾患や原因がわからない場合は、神経内科や脳神経外科などの紹介状を書いてもらい、さらに詳しく検査してもらうことも一つの選択です。

 

 

耳鼻科での診察

 

耳鼻科で診てもらうことは主に次のようなことがあげられます。

 

■耳の病気

 

中耳炎(ちゅうじえん)
耳の中の中耳と呼ばれる箇所に炎症が起こる病気です。多くの場合、中耳の急性的な炎症のことを指します。原因の多くは、細菌感染症であることが多いですが、ウイルス感染の場合もあります。

 

外耳炎(がいじえん)
外耳とは、耳(耳介)から鼓膜までの部位を言います。この場所には分泌液の出る孔があり、ここに細菌感染が起こると炎症状態になり外耳炎と呼ばれる状態になります。中耳炎と同様、耳の痛みがあります。

 

内耳炎(ないじえん)
中耳腔という箇所の炎症が、中耳と内耳を隔てている正円窓と卵円窓という2つの窓を通して内耳に影響している状態です。他の原因として真珠腫性中耳炎や髄膜炎などの病気が原因で起こることもあるようです。

 

鼓膜炎
風邪・インフルエンザのウィルスや細菌が鼓膜に感染し、腫れや水疱などの炎症を引き起こす病気です。風邪をキッカケに耳鳴りを感じ出す人も結構います。

 

耳管開放症
耳管の弁が開いたままになってしまう状態のことを言います。最近では、急激なダイエットがたたって耳管周辺の脂肪が減少し、発症するのではないかと言われています。無理なダイエットをした若い人にもこの症状が見られることが多いようです。

 

耳管狭窄症
耳管開放症と反対に、鼓膜とのどをつなぐ「耳管」と呼ばれるものの中に、耳の中の気圧を調整する弁があります。この弁が、のどや鼻の炎症などで上手く開閉できなくなる状態です。

 

耳硬化症
珍しい症状ですが、耳小骨の一つである「あぶみ骨」と呼ばれる小さな骨が癒着してしまう状態です。耳小骨とは3つの小さな骨から構成されています。それらが鼓膜から伝わった音の振動を増幅して内耳へ届ける役目があります。原因はまだ明らかにされていません。

 

外リンパろう
内耳にある三半規管などはリンパ液で満たされていますが、何らかのきっかけでリンパ液の漏れを防いでいる膜(内耳窓)が破れることで、リンパ液の一種(外リンパ液)が漏れてしまいます。この状態を「外リンパろう」と言います。水の流れるような音の耳鳴りは、その可能性があると言われています。