美聴泉,耳鳴りが止まらない,耳鳴りの治し方?

耳鼻科で言われるとおり、
耳が詰まった感じのこの症状は、
内耳にリンパが溜まっているのが原因
とばかり思っていました・・・

 

皆さんが口をそろえて驚いた、
耳閉感や耳鳴りの本当の原因と、耳がスッキリ通る流れとは?

 

 

耳が詰まった感じ(耳の閉塞感)を
本気で治したいなら

 

耳鳴りと耳閉感治療の山下
耳鳴りのご相談で当院に来られる方の多くは、

 

「初めは耳が塞がった感じだった」
「あるとき耳が詰まった感じがして、それからずっと」
「耳がこもった感じが取れない」

 

という方が多いのです。

 

 

あなたがもし、耳の閉塞感が慢性的に続いてお悩みでしたら、
以下を最後までお読みさい。

 

 

耳が詰まった感じを訴えられる方の表現としては
「薄皮一枚、耳から頭にかけて被さった感じ」とか
「自分の声が耳の中で響く」とか「プールで耳に水が入った感じ」とか
「耳がギューと圧迫されていて、時には痛みを感じるほど」・・・等々です。

 

こうした状態が酷く続いたあとに、
耳鳴りやメマイが始まったというパターンも多いです。

 

しかし、必ずしも耳鳴りやメマイの前兆症状として
耳がこもったり耳がつまるとは限りません。

 

耳鳴りやメマイは起こらないまでも、延々と耳が詰まり続ける場合もあります。

 

 

私自身、耳詰まりは2年間ほど続いていた時期もあります。

 

 

しかしこの症状は無害なものですので、
しっかりと原因が取り除かれることで、自然とスッキリ楽になります。

 

 

とくに、慢性的な耳が詰まった感じは、多くの場合、
耳そのものをなんとか治療して、改善させようと思ってしまうものです。

 

ですが、これまで過ごして来られた背景をじっくりお伺いし、
いったいどのような無理や負担の「しわ寄せ」の結果、
耳詰まりを引き起こしてしまったのかを浮き彫りにしていくと、
それだけで症状は和らいでいくようになったりします。

 

 

耳が詰まっている状態とは?

 

突然 耳をふさがれるような状態を感じれば、誰でも心配になりますよね。

 

そこで病院に行くと、耳管解放症や耳管狭窄症、滲出性中耳炎に突発性難聴、
メニエール病などといった診断を受ける場合があります。

 

耳詰まりを診察中しかしそういった診断は受けても、
決め手となる薬は無く、
一般的には、メチコバールなどのビタミン剤サプリ。
メニエール病と診断された場合は、
イソバイドの薬を飲んで様子をみるのが一般的な治療法です。

 

 

滲出性中耳炎と診断された場合は、鼓膜にチューブを挿入し、
中耳に溜まっていると想定して、浸出液を吐き出させる治療がおこなわれます。

 

しかし、実際にはチューブからは何ら液体が出てこないことも多々あるそうです。

 

 

私自身は2年間この症状で悩まされていた当時、
ある耳鼻科で滲出性中耳炎や耳管狭窄症、耳管解放症と診断され、
鼓膜にチューブを通す治療を勧められたこともありますが、 実施していません。
この症状を患い、克服した自身からのアドバイスを言わせてもらえるとしたら、
慢性的な耳詰まりの主な原因は「組織の緊張:ストレス」にあります。

 

浸出液が溜まっているからでも、耳管が詰まっているからでもなく、
組織という「細胞」1つ1つが緊張状態にあると思われます。
神経細胞も含めてです。
耳が詰まった感じの仕組み

 

細胞組織それぞれがストレス状態に置かれることで、
その組織の電気信号の流れが滞り、皮一枚をはったような
感覚に陥ります。

 

この状態が耳の価格となって、音がこもる感じや音が聞こえにくく
なったり、はたまた強い圧迫感と痛みになるようです。